「キンメフクロウ」について

キンメフクロウ〈フクロウ目フクロウ科〉
Aegolius funereus
Tengmalm's Owl

名前の由来にもなっている金色の目をした小型のフクロウ。
まれな冬鳥または旅鳥として北海道や新潟に渡って来ていたが、大雪山系で繁殖が確認され、現在道内では留鳥として生息している。
他の大型フクロウが利用しない茂った針葉樹林や針交雑交林で、ネズミ類やトガリネズミ、小鳥類などを捕って食べる。

閉じる