[銀細工]
 
 
伝統工芸品、和雑貨を数多く取りそろえました。日本のお土産品としても海外で人気です!
カテゴリー
和を使う
手ぬぐい
Tenugui hand towel

風呂敷
Furoshiki
wrapping cloth

木製漆器
Wooden Lacquer


和で生活を彩る
和紙の照明
Japanese paper illumination

和風照明ベストセレクト
Japanese-style cloth light

和紙インテリア
Japanese paper interior

特選高岡銅器コレクション
Takaoka copperware


信楽焼セレクション
Shigaraki pottery Slection


書・表具・掛け軸・額装
Sho

石彫刻
Stone Carving


和を身につける
銀細工
Silverware

北斎/銀アクセサリー
HOKUSAI Silver Accessory

江戸木札
Edo wood tag


和を愛でる
竹久夢二
Yumeji Takehisa

祝い額
Fortune frame

江戸木目込人形
Edo kimekomi doll

型染版画
Dyeing by Stencil

型染版画伊藤紘版画集
Katazome hanga book


東京手描友禅 染額
Yu-zen dyeing

眞葛香山写真集
Kozan Makuzu collection of photographs

籔内佐斗司
Sculpture


和で遊ぶ
孫徳かるた
Sontoku Karuta


その他の和
日本のお土産・記念品
Japanese Souvenir

遊び心。
ウィットとユーモア
和楽多屋
「和楽多屋サイト」は
リンクフリーです。
スタッフが綴る
和楽多屋日記
当サイト運営会社の紹介
株式会社ゼロ
貴社の便利な制作室。
当サイトを運営する
(株)ゼロのHPです。
銀の魅力」白く光る栄光、鈍く光る重厚
銀の好きな人は、使い込むほどに自分の色になっていくことを楽しまれているようです。
硫化を拭き取り拭き取りしながら使い、それでも少しずつ残っていく独特の色合い。
そこに、ただ美しいだけではなく、自分が使い込んだ歴史と物語を感じ、
より愛おしいものとして使い続ける…。
そんな魅力が銀にはあるんですね。


かんざし

銀製 瓢箪のかんざし
16,590円

平打ちのかんざし 
25,350円

珊瑚玉の銀かんざし
(NHKゲゲゲの女房で使用されました)
25,000円

蜻蛉玉の銀かんざし
21,000円〜


すかし小かんざし
22,000円
ペンダント・ブローチ

菊ペンダント
21,000円〜

鬼ペンダント
19,740円〜

『花』ペンダント
18,100円

すかしペンダント
22,050円

千鳥ブローチ
11,550円

月ピンブローチ
13,125円

赤銅のブローチ
13,800円〜

帯留め

夏の涼
47,000円

晩秋
32,000円

蝙蝠
32,000円

金魚
32,000円

市松
32,000円

瓢箪
32,000円

小梅
32,000円


リバーシブル帯留
17,000円


身体吉祥子孫繁栄
130,000円

NEW

十五夜
110,000円

NEW

扇面
50,000円

NEW

三日月に蝙蝠
80,000円

NEW

源氏車に波千鳥
110,000円

NEW
根付け

ふくろう
8,800円



かえる
8,800円


柴犬
7,900円


DAX
7,900円


その他いろいろ銀細工

ふくろう
12,000円



水差し
54,000円



瓢箪タイタック
28,000円



すかしかぶと
28,000円



キンメフクロウ
15,000円



composition
13,600円〜




人類に最も愛された貴金属“銀”
銀は金と同じく人類が最も親しんできた貴金属のひとつです。その白い輝きはプラチナと比べて落ち着いた光沢がありますが、実は全ての金属の中で最も可視光線の反射率が高く、磨けばプラチナよりも強い輝きを出すこともできます。

製錬技術が未発達だった古代のエジプトやインドでは銀が金よりも高貴であるとされていました。また、ヨーロッパのルネサンスを裏で動かした富豪フッガー家の財力も銀によるものであり、ヨーロッパの産業資本主義が確立されたのも、銀によるものだと言われています。

このように人類と銀の歴史は、非常に深いものがありますが、日本においても平安時代から銀の食器などが登場しています。今の東京の「銀座」は、江戸時代に銀の貨幣を鋳造を行った場所で、現在までその名が残っています。

銀は古くから神聖なるものとして考えられ、幸運のシンボルや魔よけとして扱われて来ました。中国や韓国では長寿の御祝いに銀の箸を贈る習慣があるようですし、イギリスの言い伝えでは「銀のさじ(スプーン)をくわえて生まれてきた子は幸福になる」ということで、赤ちゃんが生まれたときに銀のスプーンを贈る習慣があります。

このように古くから人類に愛され、深い関わりをもってきた銀。『和楽多屋』がセレクトした銀器を、どうぞお楽しみください。

dummy dummy dummy