「和」の伝統文化の小さな情報発信基地「和楽多屋」





「和」の神髄を探る...1
詫び寂び、そして粋 
日本人の美意識の変化

「和」の神髄を探る...2
極めることが日本文化の神髄

「和」の神髄を探る...3
道、それは「真理」へと
つながっている







>>和楽多屋トップページ

特集8
友禅
染色デザイナー宮崎友禅斎。
キャンバスは四角でなくてもいい。
自由な形に華麗に描かれる染め物「友禅」。

日本画の精神が息づく友禅

きらびやかな絵模様が美しい友禅。侘、寂を信条とする日本の美意識も、この友禅の世界だけはまったく別物のようですね。

大胆な発想と優美な構図。まるで着物をキャンバスに見立て、自由に描いた絵画のようです。

友禅とは染色法のひとつで、現在は型を使うものも友禅と呼ばれていますが、本来は手描きによるものでした。その名の由来は、創始者の江戸時代に活躍した扇絵師、宮崎友禅斎から。彼が京都で友禅模様を広め、やがて本人がその技法を加賀藩の城下町、金沢に持ち込んだことから、友禅の世界では、「京友禅」と「加賀友禅」が有名です(あと江戸友禅もありますが、この話は後半で…)。

染色には様々な技法がありますが、友禅のそれは、染色するところとしないところを分ける防染剤を使った手描きの技法です。絞り染めの偶然性や型染め規則性と異なり、手描きのしなやかさや自由性、絵画性が特徴といえます。

友禅は日本画の精神を色濃く引く染色技法なのです。

友禅は日本的な芸術

日本画の形式のひとつに、スクエアな平面ではなく、変形した面に描く技法を発達させた扇絵と呼ばれるものがあります。扇の形はいわゆる扇形に湾曲し、しかも平面ではなく扇が完全に開ききらないときは段がついています。この形式を発展させたのは俵屋宗達と尾形光琳だといわれていますが、まさに友禅の創始者である宮崎友禅斎も扇絵師でした。

友禅斎は扇絵の技法を活かし、着物という変則の形へ描く技法で友禅染めを考えたのではないでしょうか。西洋にも回りの額縁を絵の一部としたものもありますが、友禅という“絵画”は、着物という立体を活かし、そして人が着て動き、回りの風景の中に溶け込む(あるいは際立つ)という、極めて日本的なアートセンスの中で発達したのではないでしょうか。ちょうど日本の庭が回りの自然と溶け込み(借景)、なおかつ際立つ美しさを見せるように…。

そう考えると、友禅はまさに日本的な芸術です。日本人が生活と芸術を分離せず、混在一体となりながら、生活の中に芸術を取り込むというより、生活そのものが芸術であるという感覚…日本人の芸術センスが世界的にも際立っているのは、こういうところにあるのだと思います。


江戸の友禅は渋好み

ところで、友禅は先ほども述べましたように、京友禅と加賀友禅が代表的なものですが、江戸でも友禅が発達し、江戸友禅と呼ばれています(現在は東京手描友禅として伝統的工芸品に指定されています)。

江戸でも友禅染は一説によると、五代将軍綱吉の母、桂昌院が京都から友禅職人を呼んだことから始まるそうです。いずれにしても文化の中心が上方から江戸に本格的に移った文化文政時代頃からのようですね。

江戸友禅の特徴は、技法は同じですが、京友禅のように分業システムではなく、一人の職人がほとんどの工程を行ったことが一つです。これは京都から移り住んできた職人の数が足らなかったせいとも言われていますが、何となく職人の町である江戸らしく、一人ですべてをこなす心意気のようなものを感じます。また、京友禅のより紅使いを少なくし、落ち着きのある赤、洗い朱、さび朱などを好む傾向があります。これは江戸の「粋」につながるのでしょうか。

いずれにしても、友禅は上方でも江戸でも好まれ、日本人の美意識に合った染め物として発達したのです。



和楽多屋の「染額」は東京手描友禅の作品です。
染額 東京手描友禅 伝統工芸 >>こちらから





Copyright(C) 2009 和楽多屋 All Rights Reserved.
dummy dummy dummy